企業向けオリジナル帽子 専門会社 年間300万個出荷!全国対応

電話番号

セミオーダー、フルオーダーのご依頼方法!

約100種類の帽子の中から選べます
約100種類の帽子の中から選べます
刺繍や印刷で名入れ加工できます
刺繍や印刷で名入れ加工できます
生地からフルオーダー作れます
生地からフルオーダー作れます

もうすぐ年の瀬も迫り、来年を見据えて作業帽の刷新、ご注文をお考えのお客様でお困りの方が多くみえるようです。

そこでダイキョーオータでは、バリエーション豊富な作業帽のセミオーダー、フルオーダーCAPについて書いてみました。

そもそも、作業帽とはどのようにして注文したらよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そのような疑問にお応えすべく、3つのポイントに絞り簡単にご説明します。

①  帽子の型を決める

基本となる定番帽子について

まずは作業帽の型の種類としては帽子天上部分が八面からなる八角型、天上が丸型の丸天型などに大きく分けられ、食品、製造業をはじめとする作業現場でお使いいただいています。

特に八角型は食品向け作業現場で用いられ、毛髪の侵入を防ぐため後ろに垂れをつける加工をされるお客様も多くおられます。

このように作業場の用途に応じての帽子の型をお選びいただくことができます。

②  マークの入れる場所、名入れ方法を決める

正面
正面
側面
側面
後面
後面

その次に会社の社名やロゴを入れる帽子の部分をお選びいただきます。

帽子フロント部分に入れたり、サイド、バック部分にお名前やデザインを入れられることができ、名入れの加工方法も刺繍、印刷、転写などがあります。

マークの入れる場所によって帽子の見栄えが大きく左右されるため、帽子製作のスペシャリストが細かいニーズ、ご提案をさせていただきます。


③  帽子の生地を選ぶ

最後に帽子の印象を決定づける生地、色をお選びいただきます。

生地の色合いは作業服との兼ね合い、作業内容に合わせて色合いを変えられるお客様が多いようです。

弊社のカタログ掲載してある商品もしくは完全別注、オリジナル帽子も対応しており、ご予算、ニーズにあわせて一個の帽子からご注文いただけます。




ざっくりと作業用帽子についてのコラムでしたがいかがでしたでしょか。まずはお問合せフォームよりこんな帽子を作りたい、サンプルをまず作ってみたい等のお問合せは赤いボタンのお問い合わせフォーム、弊社HPにお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから:http://www.pointskyward.com/contact.html

企業向けオリジナル帽子専門会社 年間300万個出荷!