企業向けオリジナル帽子 専門会社 年間300万個出荷!全国対応

電話番号

帽子のブログ執筆は約半年ぶりになります。
今回のコロナで本業の帽子はさすがにやや数字は落ちましたがマスクや関連商材の開発で様々な気づきがありました。

やはり大切なのは「お客様のお困り解決に繋がる」「お客様の辛い状況を改善する」これに尽きると感じました。

今後は「作業現場で快適にお使いいただける帽子」というものを一つのキーワードに新しい帽子作りに取り組んでまいります。

改めてどうぞ宜しくお願い致します。

現場で求められる機能 「涼しい」

特に今年は長い梅雨の後に一気に気温上昇で猛暑が続きました。
9月に入ると朝番は多少涼しいですが日中は35℃を越える暑さで現場でお仕事をされる方は大変辛い状況だと思います。

現場では防具としてヘルメットの着用が義務つけられている現場も多いとお聞きします。

私もバイトで経験がありますが夏場のヘルメットは頭の中がサウナ状態でかなり苦痛です。

これを涼しい帽子を使う事で軽減できればと新しく開発に取り組んでまいります。

現場に求められる機能「軽い」

軽い 帽子

ヘルメットも最近では軽いモノも多いですが、それでも1日付けていると首が凝ります。

アウターユニット、インナー発砲衝撃材、インナーEVAベルト、メッシュ生地等、それなりの重さになります。

これを「プロテクションCAP」としてヘルメットの半分の軽さ、ヘルメットの倍以上の清涼感を持たせることができれば現場の方に喜んでいただけると思います。

軽く、頭を守れるCAPを考案してみたいと思います。

現場に求められる機能「快適」

炎天下の汗が吹き出す状況では

・暑さを外に出す
・湿気を外に出す
・透過性の向上
・サラサラした被り心地

など、これらの機能が求められます。

帽体のデザイン、生地の選定、各パーツとの組み合わせ、様々な要素を組み合わせて快適な作業帽子が出来上がります。

当たり前ですが一筋縄ではいきません。トライ&エラーを繰り返し、「快適」の基準を高いレベルで実現することが大切です。

コロナ収束後には新しい付加価値を盛り込んだ帽子を完成させて、1人でも多くの現場の方に喜んで頂きたいと思います。


このように様々な別注帽子の各種オーダー&ご相談も承ります。下記よりお気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせはこちらから:http://www.pointskyward.com/contact.html

企業向けオリジナル帽子専門会社 年間300万個出荷!