電話番号

刺繍、シルク印刷、転写プリントなど様々な名入れ加工が可能です!

帽子には様々な加工ができますが、その中でも特に実績の多い「刺繍、シルク印刷、転写プリント」の3つの方法についてご説明いたします。
各加工それぞれメリットもデメリットもございますが、お客様のニーズに合わせてご提案させていただきます!

●刺繍:ミシンで直接生地に糸を縫い込み文字やイラストを表現する加工です。
●シルク印刷:1色ずつ版を作りインクで刷る加工です。
●転写プリント:フルカラープリンタでシートを作り、熱圧着する加工です。

刺繍による名入れ加工

高級感があり耐久性にも優れております。
イベントはもちろんユニフォーム等にもお勧めです。

●特徴:高級感があり風合い良く文字やイラスト等を表現できます。
●デメリット:型代や加工賃がやや高めの設定となります。
●耐久性:生地に直接縫い込みますので耐久性は高いです。

※補足
既成のフォントであれば型代がかかりません。
細かいデザインは表現出来ない場合がございます。

通常刺繍

通常刺繍
一般的に平刺繍といわれております。専用の刺繍機で生地に色糸を縫い込んでデザインを表現していきます。

3D刺繍

3D刺繍
生地の上に専用のウレタン材を挟み込み、その上から刺繍機で縫い込んでいきます。3~5mm程度の立体表現ができ見栄えがします。

刺繍ワッペン

刺繍ワッペン
フェルトやエンブクロスに刺繍をし、帽子に熱圧着します。ヒートカットでワッペンの形も自由に決められますのでデザイン性がございます。

シルク印刷による名入れ加工

安く、早く、大量に必要な場合にお勧めの加工方法になります。

●特徴:数量が多いほど安くお作りすることができます。
●デメリット:多色の場合は1色ごとに版代がかかります。
●耐久性:専用塗料で印刷するため、ある程度耐久性が期待できます。

※補足
細かすぎるデザインや3色以上のデザインは出来かねます。

シルク印刷による名入れ加工※シルク印刷のイメージになります。

大量生産時のコストメリット

大量生産時のコストメリット
シルク印刷は同じ印刷内容を大量に安く作製する場合に一番お勧めになります。大量生産の場合はかなりコストを抑えて作ることができます。

色合い

色合い
帽子の場合は2色刷りまでをお勧めします。それ以上の場合は版ズレが起こり綺麗に印刷できない場合がございます。

短納期

短納期
納期が無い!そのようなお客様にお勧めです。1色刷りの加工は数百個から数千個まででしたら1~2週間で加工することが可能です。

転写プリントによる名入れ加工

転写プリントとは専用のシートにカラープリント出力し、熱圧着する加工方法です。

●特徴:色数が自由でグラデーションや凝ったデザインも可能です。
●デメリット:仕様上デザインに縁が付きます。
●耐久性:シルクプリントに比べ耐久性は劣ります。

※補足
版代が不要ですので小ロットのご注文に適しております。シートをカットして熱圧着をするためシルク印刷よりも時間がかかります。
転写プリントによる名入れ加工

多色時のコストメリット

多色時のコストメリット
通常シルクプリントですと色数ごとに型代がかかりますが、転写プリントの場合はどれだけ色を使っても版代が不要です。

少量生産でのコストメリット

少量生産でのコストメリット
版代がかかりませんので1個からお作り出来ます。部活やサークルで10個ほど作りたいなど小ロットのご注文に適しております。

色合い

色合い
専用のカラープリンタで出力しますので綺麗に発色いたします。写真等もフルカラープリントできますので思い出の画像等を加工して帽子にすることも可能です。

貴社の帽子にはPSをお使いください!

現場用の作業帽子を作りたい。ユニフォームとして作りたい。監視員やパトロール用の帽子を作りたい。大会やイベントの帽子を作りたい。部活動やチームで帽子を作りたい等、様々なニーズがあるかと思います。
そのようなオリジナル帽子を作製したい場合は年間出荷実績300万個の当社にお任せください!
高品質・低価格・短納期でワンストップで名入れ帽子をお届けさせていただきます!
企業向けオリジナル帽子専門会社 年間300万個出荷!